IT人の政治リテラシー向上を目指して

元政治家秘書、現IT起業家が主にIT起業家、エンジニア、デザイナーなどIT業界人の政治リテラシー向上を目指して、日々のニュースや政治トピックについて言及。たまに起業ネタや映画ネタなども。5分で読める1,000文字、10分2,000字を目標。

世界の未来予測、国家というアソシエーションの衰退

まずこれから述べることは斬新でもないが、よく耳にすることでもないだろう 現代人の持つ一つの大きな錯覚に、国家とは不可避かつ絶対の帰属先であるという誤解がある。 例えば日本で言えば、個人が帰属する組織、共同体には国家と家族がまずあり、次に学校…

ピケティ、格差について

ピケティの主張は自明の理のように感じる。もし仮に、r>gではなくg

なぜ日本人はこんなにも働かないといけないのか

少し冷静に考えてみよう。日本は国としては世界第3位のGDPを持ち(一人当たりでは22位)、欧米諸国に並ぶ開発先進国である。世界で最も豊かな国と言って差し支えない。 にもかかわらず、多くのビジネスパーソンは残業を強いられ、休暇を取ることさえままなら…

ブレンパワード解説

※下記作品のネタバレを含みます ================================================================= ブレンパワードは時間軸としては、実は他の未来アニメ、攻殻機動隊やサイコパス、そして同じ監督のガンダム作品より後の時代の近未来世界の話になる。 攻…

お金持ちになるコツ

ドメイン(何をするか)の選択と集中が全てである。 まず、何百億といった単位を稼ぎたい、と考えた場合、公務員という選択肢は消えるのは自明だろう。 フォーブスランキングなどを見ればわかるように、その規模の資産を得る職業はほぼ決まっている。起業家…

トランプは北朝鮮を攻撃するか、ハイエクから読み解く

フリードリヒ・ハイエクが有名な著書「隷属への道」で説いたことは、ファシズムも共産主義も同じ、全体主義の現れに過ぎず、両者には似たようなことがたくさんあるということである。 それと同時にファシズムが現れるには、中産階級の破壊や社会の全体主義的…

旧世界の最後の王から新世界の最初の王へ (オバマからトランプへの意味)

オバマからトランプへの変化には、単なる政権交代に限らず、内在的な意味がある。それはBrexitを始めとする、現在の全世界的の人々が抱える内在的な思考にも関連してくる。 まず、オバマといえば、どんな人物だろうか?黒人初の大統領。ハーバードロースクー…

アニメFate 解説(zero, stay night, unlimited blade works)

この三作品に一貫しているテーマ、「善と悪」について ※下記ネタバレを含みます。 ================================================================= 「zero」の主人公衛宮切嗣 は「正義の味方」の名の下に、誰かを活かすために他の誰かを殺し続ける。 そ…

ブロックチェーン その本質と社会的なインパクトについて

ブロックチェーンに関しては、日本では”Fintech”という言葉の中の特にビットコインとワンセットで用いられている。 ビットコインのイメージに関してはMtGoxの事件もあり、儲かりそうだがなんか怪しいという世間の印象であろうから、ブロックチェーンもその巻…

トランプとTPP

トランプ次期大統領が早々に表明したTPP脱退についてですが、そもそもTPPとは何か?というのを元外交官佐藤優氏の解説を紹介したいと思います。 「基本的に自由貿易をやるなら、FTAないしはより広範囲なEPAをやればいい。それをわざわざTPPというものを持ち…

欲望関数から幸福関数へ

数式に関して 数式は書く側は容易いが読む側は苦痛極まりない。これは実は数式とは実際は全くユニバーサルな言語ではなく、内的な文字式よりももっと固有なものである事に気づいた。 例えば有名なE=mc2という公式が存在するが、これは “インパクトは質量と速…

ナレッジの時代とその次の時代

現代社会において最も重要なものは情報、ナレッジと言える。 あらゆる分野において、「勝者」となるか否かというのはナレッジによって決まる。にも関わらず、人々はそれを余り掘り下げようとしない。 理由は幾つか存在する。 ①(ナレッジを)獲得する時間が…

モナドから量子の海へ

レイ・カーツワイルの言う「シンギュラリティ」の最終ステージとされる、人間の知性が光速を越え(あるいは亜光速であっても)この宇宙を埋め尽くす、という箇所に言及したい。 仮に知的生命体にそうしたことが可能であるのなら、なぜ我々の住む地球に、もっ…

円高時代にすべきこと

イギリスのEU離脱を受け、日銀の追加量的緩和+マイナス金利政策を受けても円高は止まらない。 なぜ、アベノミクスは景気対策のために円安誘導するのか、まずはこの基本的なことからおさらいしてみる。 これは公然と言われていることではないので、知らない人…

説得力の嘘

前回から続く話しにもなるが、某元大手コンサルの方が書いたブログを読んでいてふと感じたことがある 内容は要するに、自分はお金も美女も手に入れ、これが幸せではないと思ったので田舎に引っ越したなどなど 同様に、ひろゆき氏が以前インタビューで自分は…

天才は語らない

天才は多くを語らない 最初に断っておくがこれは感情基軸の話しである。 それは話しても理解できないと知っている。それももちろんあるだろうが、語ることができないのだと最近気づいた。 例えば“経済的成功”について講演を頼まれた成功者がいたとしよう。も…

恋愛マッチングアルゴリズムは必要か

人工知能を研究するにあたって、初期の段階で男女間の恋愛や結婚を最適化できないか考えていた時期があった。(我が国の離婚率が50%を上回っていることもあり) 結論からすると、あまり意味がないため自分でやらないことにした。 意味がない、というのは、…

人工知能領域に関する考察メモ②

人工知能研究に生化学と物理学が必要な理由 これは主に人間の脳を再現しようとすることから始まる話しである。 脳の構造を再現するわけだから、生化学は直ぐわかるが、なぜ物理学なのかと言えば、脳内における電子活動は物理学の量子論の振る舞いをするから…

人工知能領域に関する考察メモ①

ディープラーニングに関して 人相学を例に考えてみる。仮にAIが人間の人相から、その人間の性格や嗜好、感情が読み取れたとする。(これは文字でも構わない) そうするとAIによる処理は人相であれば人間の顔の部分部分を特徴抽出して計算することになる。ま…

人工知能がもたらすかもしれない恐ろしいテーマ10

①最強の軍事シミュレーションAI Deep mindのデミス・ハサビスがGoogleと契約する際に、技術を絶対に軍事転用しないことを盛り込んだ。今彼らが開発している囲碁の世界チャンピョンに勝てるalpha goを軍事的に応用すれば、相手の出目を全部読んで完璧に勝てる…

ヒトとAIの境界にあるもの、リテラシー問題について

人工知能の急速な進化によって奪われる仕事や、新たにできる話しでしばしば世間は盛り上がってはいるが 実際、進化しているのは人工知能だけではないのではないか インターネットによって、大抵の情報は、現在は入手可能になっている。例えば、アインシュタ…

ドナルド・トランプに見る、今アメリカで何が起きているか

久しく政治に触れてなかったのは、特に敢えて自分が解説するような問題がなかったからである。(日本の政治については論じるようなことすらない) アメリカ選挙、ドナルド旋風についても基本的なことは特に解説しない。 ただ、簡単に触りだけ説明すると、ア…

人工知能的サイコパス解説(シーズン2)

※以下サイコパスの重大なネタバレを含みます※ =================================== シーズン2の解説 シーズン2の主題は「シビュラシステムの欠点は何か?」である。 シーズン1でシビュラシステムの仕組みが明らかになっ…

人工知能的サイコパス解説(シーズン1)

※以下サイコパスの重大なネタバレを含みます※ =================================== シーズン1の解説 シーズン1の主題は「シビュラシステムとは何か?」である。 シビュラシステムという絶対に間違わない人工知能。潜在…

人工知能へのイーロン・マスクの本当の懸念は何か?

イーロン・マスクとスティーブ・ホーキング博士がGoogleが特に押し進めている人工知能の計画に関して、汽笛を鳴らしている。 その警告の意味は、映画『ターミネーター』のようないわゆる「スカイネット」的なものを、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは作っ…

「文化」に関する考察と研究

現代社会において「文化」は支配的な影響力を持っている。資本主義社会において、「貨幣」に「価値」を付加しているのは文化である。 個人間においても、「尊敬」「愛情」「信頼」といったものの由来は全て文化から由来する。 そう言えるのは、文明や文化圏…

村上春樹“職業としての小説家”を読んで with〜文章についておもうこと

初めに、私は村上春樹の小説を読んだことが一度もない。でも彼のファンである。 ファンになったきっかけはイスラエルで、氏がスピーチをした内容がきっかけであった。 自分が小説を書き続けるのは、人間がシステムのような無機的なものに囚われて人間らしさ…

人工知能は人間生成にいきつくというパラドクス

人工知能がスタートアップ業界でも盛り上がりを見せている。 Googleが目指している、欲しい情報を的確に検索できるアルゴリズムの構築などももちろん人工知能の話しだろう。 人工知能に関しては 特にコンピュータ的な演算能力の拡張と、人間の持つような複合…

徴兵制及び自衛権に関する議論

この問題に関しては、政治家及び関係者の軍事リテラシーの低さが不安を煽っているように思う。 さすが、軍事防衛に関しては専門家を自称する石破茂氏の発言が妥当である。 http://www.sankei.com/politics/news/150620/plt1506200003-n1.html 今日的に徴兵制…

大阪都構想について

大阪都構想の本質的な問題は、大阪都にすることで、現在よりもどれだけ大阪が良くなるか示せなかった事にある。やってもやらなくてもそれほど変わらないのであれば、面倒だからやらない方がいいよね、というのが今回の民意の結論だと私は見ている。 ただこれ…